版洗いについて

プラチゾルインクの殆どは匂いがなく、プリントし終わったインクも戻して再度使用可能で長期保存も出来ます。また版上で乾燥しないので、作業を中断して再度作業を続けることが可能です。版洗いは環境に適した特殊洗浄液のエンバイロウォッシュを使用した方法と薄め液を使用した洗い方法があります。
2つの洗い方をご紹介しますが、作業環境、洗いやすさ、予算諸々あると思いますのでお客様に適した方をお選びください。

版洗いについて
インクを缶に戻します。

作業の終わった版上に残ったインクを出来るだけ缶に戻します。
インクが版上に残ればその分洗いの作業量が増えてしまします。

エンバイロウォッシュ
エンバイロウォッシュ
1.霧吹きで吹き付けます。

エンバイロウォッシュを霧吹きに入れ替え、版全体に噴射します。

2.版洗い

軽く水を含ませたスポンジでインクをゴシゴシ落としてください。

エンバイロウォッシュ
3.水で流します

2の作業をインクが落ちるまで2~3回繰り返し、水で流します。

エンバイロウォッシュ
4.水分を拭き取る

残ったエンバイロウォッシュのぬめりがなくなるまで水でよく版を流し、濡れタオルで版全体を拭いてください。

エンバイロウォッシュ
5.FINISH

以上で版洗いは完了です。以外と噴射量が多いですがプラチゾルインクを環境に配慮し分解させ水で洗える利点は大きいですね。

薄め液
インク薄め液
1.ひたすら拭き取る!

薄め液を十分濡らしたティッシュでインクをひたすら拭き取ってください。

インク薄め液
2.FINISH

拭き取ったティッシュは新聞紙に包み燃えるゴミに捨ててください。ひたすら拭き取る作業ですが、水場を必要とせず版をくわえたままできるのでこちらも利点がありますね。

エンバイロウォッシュ、その他資材はこちらから

See More