乾燥条件について

カラーマックスは比較的高温でも乾燥出来るように設計いたしました。これは多色プリントの際にスポット乾燥機を使う中間乾燥をしやすくするためです。ポリエステル素材は高温で生地が変形してしまいます。変形する手前の乾燥温度でも、カラーマックスはブリード現象を低減する事が出来ます。乾燥温度の範囲を広くすることで使いやすさを実現しました。

コンベア乾燥機
コンベアー乾燥機の場合

表面温度156-162度 / 60-90秒

プレス機
プレス機による乾燥の場合

165度 40~45秒
強力な圧力を加えるのでプリント面はツルツルになります。

※上記の条件はご使用される機器により異なる場合がございます。このためプリント後は洗濯テストは必ず行ってください。

CONVER DRYER&HEAT PRESS

Tシャツ乾燥に必須のコンベア乾燥機、プレス機も弊社ではDIYからプロユース
まで幅広く取り扱っております。
ショールームにて機材も見学可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

See More